2005年09月23日

校内暴力

平成十六年度に全国の公立小学校の児童が
校内で起こした暴力行為は
上昇に転じた前年度を290件上回る
1890件で、
平成九年度の現行調査以降、
二年連続で過去最多を更新したことがわかりました。

この記事を見てすごいビックリしましたよ!!
見出しが
『暴れる小学生』
だったんですよ!
暴れるってそんな小学生だから
もっとかわいらしいものかと思っていたら
とても深刻で、
殴る・蹴る行為が先生に対しても
子供たち同士でも見られる傾向なのだそうです。

過去には教師が生徒に対して
心に体に傷を負わせる行為が
何かと取り上げられていましたが、
今はそれが逆転してしまっているかのような
現状に驚くばかりです。

まだ中学生とかなら反抗期と言うものと
自分の意思表示の手段として
教師にいろんな形で抵抗したり
友達同士のいさかいがあるのは
私も理解ができるのですけれども
もう10年以上前に小学生を卒業してしまったので
今と違うと言われてしまったら
それまでですけれども、
でも理解ができないんです。

私たちが通った小学校は知る限りでは
先生に暴言を吐いたりとか、
まして手をあげるなんてなかったんですね。
私が小学生のときに抱いていた先生と言う
存在は低学年の頃は母のような存在で
中学年以降になると
時に厳しく、時に優しく、
相談相手でもあり、クラスで起こる問題について
議論する場を設けたり、
ちょっと上手に表現できなくて申し訳ないのですけれども
悪い事をしたらしっかりと怒られ、
良い事をしたらい〜っぱい褒めてくれて、
幼いながらにも先生と児童という間には
敬うという気持ちがあったように思うのです。

なんだかそれが崩れてきているような気がして
とても悲しかった。

小学校は中高とは違い、
「学級担任制」
を設けています。
それはそれだけ一人ひとりに目を向けられる
と言うメリットがあるからなんですね。
でも、今はそう言ったクラス内で起こる
暴力まがいな事を先生が一人で抱え込んでしまっている
と言うのが現状で
自分一人で解決しようと頭を抱える
教師が増えていると言う事なのだそうです。

先生の想いもわかるんですよね。
自分が受け持ったクラスは
多くはその時点で愛を注いでますから
自慢のクラスでありたい・・・。
自分の力でなんとか切り抜けて、
きっと皆もわかってくれるはず!って。
多少は我慢してみようって気持ちも芽生えるのでは
ないでしょうか??

少なくとも私の担任の先生は
とてもクラスの皆を愛してくれていました。
先生と言っても人なので、
完璧に!と言うのは無理だけど、
でも子供はとても敏感だから
先生の気持ちって筒抜けなんですよね。

なのに、こう言った現状は
本当に悲しい。

逆に中高生では学校の取り組み改善も
実ったのだと思いますが
校内暴力が減少してきているのです。

このままでは
先生も生徒も悲しすぎます。
校内暴力で苦しむ小学校が一日でも早く
減って欲しい。
posted by 石渡ひろみ at 17:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

第三次小泉内閣発足

自民、公明両党による
第3次小泉内閣が21日夕、
皇居での小泉純一郎首相の任命式、
全員を再任した閣僚の認証式を経て発足しました。
首相はこれに先立ち首相官邸で記者会見し、
自民党総裁の任期が切れる来年9月に向け
「構造改革路線を軌道に乗せたい。
改革を止めることなく進めたい」と強調。
特別国会での郵政民営化関連法案の成立をはじめ
「小泉改革」の総仕上げを図る決意を表明しました。
具体的には、国・地方財政の
三位一体改革の具体化、
公務員の総人件費削減、
政府系金融機関の統廃合などに
取り組んでいく意向を示しました。
小泉首相は自分の任期が終えるまでに
やれることの全てに尽くしていく姿勢で
後継者への改革基盤作りに
徹していくような取り組み方が
私には彼の潔さを感じました。

 また民主党代表に
43歳の前原誠司氏が就任したことに関し
「自民党にもかなり影響を与えるのではないか」と述べ、
「ポスト小泉」選びなどで世代交代が進む可能性を指摘しました。
後継には若き首相の誕生の匂いを感じます。
posted by 石渡ひろみ at 07:16| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

旧日本兵?!

インドネシア・パプア州のジャプラ市と
ビアク島で、
太平洋戦争当時の旧日本軍兵士と見られる
遺骨計六十数体が見つかった事がわかりました。

厚生労働省は早ければ年内にも職員を現地に派遣し、
鑑定で日本人と確認できれば持ち帰ると言う方針。

これは慰霊の旅を続けている日本の民間人が現地で情報を得て
今年の夏、厚生省に知らせたと言う事。

これが本当に旧の本軍の兵士と言う事が
確実となれば、60年程の年月をかけての
故郷への帰国となるのですよね。

早く帰らせてあげたい。。。と言う想いが募るとともに
この地球上でそういった方が
まだまだ数え切れないほどたくさんいることを
知る事もまた切なく思ってしまいました。
posted by 石渡ひろみ at 19:48| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

民主党代表

過去二回にわたって代表を務めた
ベテランの管氏と、
中堅の安全保障政策通である
前原氏が
世代交代をかけてぶつかる代表戦となったが、
わずか2表差で
衆院選での壊滅的な敗北から再起を図る上で
前原氏が代表に選ばれました。

実は私は管氏がなるのではないかと予想していたのです。
やはりキャリアというか、
経験があるので。。。

けれど、前原氏陣営の
「時計の針を逆戻りさせるべきではない」
と言う言葉がこういった結果を生んだようなのですが
なるほどなぁ・・・と言うか
上手な言葉だな・・・って思いました。

やはり、近差なだけに
プレッシャーも感じる党内の言葉も飛び交っているようですが
管氏は安心していると言うのが本音だそうで・・・。

前原氏と管氏の間には見えない絆があるようで
これから助け舟として彼を支えていく
想いがあるようなのです。
ということは私には両者が民主党の柱となり
手を取り合う形になるのかなぁ・・・って
そんな甘い世界でないのはわかるけれども、
良いなぁ・・・って思っちゃったんですよね。
posted by 石渡ひろみ at 19:35| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

テレビとネット通販の急成長

近年、こう言った販売が急速に広がっているそうです。
既に巨大市場となったテレビ通販と
ネット通販が融合で
より利便性の高い消費形態へと
変化をし続けているそうです。

背景には百貨店にないような産直野菜が割安で買えたり、
働く女性が女性が携帯電話を通じて
簡単に購入できる手軽さがあるそうです。

平成16年度に初めて三兆円を突破したと言う
通販市場だそうですが、
これからもどんどん流通を深め、
消費革命を促すであろうと予想されているのです。

三兆円と言われても現実味のないすごさを感じるわけですけれども
私自身はテレビ通販は利用した事ないけれど、
商品の紹介の仕方は面白くて好きです!
夜中の外人さんの吹き替えの通販とか、
ちょっとしたストーリーができていて
オーバーリアクションをする吹き替えの方とか
商品自体に必要性がなくても見てるだけで面白い!
あとはあの方ですよ!!
「これもつけて、さらに今ならこれまでついてなんと!!」
って言われるとすごいお得感を感じます。
ユーザーさんはそのテレビが放送された直後から
「早くしないと売切れてしまうのでは!」
と言う心理状態になり問い合わせが増すのだそうです。
でも、私がテレビの通販で「欲しいなぁ・・・」と
思っても買ったことのない理由に、
トロイので電話番号をメモしようって思わないのですよね。
と言うよりもできないのですよ右斜め下
気づけばもうその番組は終わっている。。。って言う事が
多すぎて・・・。

なので、どちらかと言うとネット通販の方が
私には快適!
ゆっくりいろいろ見ながら
商品の内容をじっくり見た上で買えるので。
あと、今一人暮らしをしている
大学生の従兄弟がいるのですけれども
洋服を買ったりするのにネットを使うそうです!
洋服を買いに行くのには結構な移動時間を取られるそうで
利用しているとか。。。
言われてみれば、欲しいものが大体決まっていれば
電車代もカットできますしね。
掘り出し物を探す事も簡単なのがネット通販のいいところかも!

記事には女性層が高いようなに書かれていましたけれども
男性の方も利用される方は多いように思います。
posted by 石渡ひろみ at 07:22| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

祝電

女優の安達祐実さんと、
お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さんが
見事な電撃結婚をされましたね!
本当におめでたいです♪

やっぱり私にとっては『家なき子』の
印象が強い安達祐実さんで、
初めのころの年齢設定が私と同世代だった事もあって
すずと犬のリュウの存在は私を虜にさせたものです。
そんな小学生だったすずちゃんが・・・。
っと思うと、私も大人になったんだなぁ・・・
って思いますね。

そんな事を思い出しながらも
会見をTVで見ましたが、
かわいいから美人になりましたねー。
すっごい驚いてしまう位!!
素敵な人に出会えて、
美しさが増したのでしょうね!
目を奪われてしまいました。
気づけば24歳と言う事で女性としても
若さとキレイさの輝きを放つ時期だと思うのですが
それ以上のものを彼女は持っているように思いました。

本当におめでとうございます。
posted by 石渡ひろみ at 13:12| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

人生一世紀時代

厚生労働省は、
平成十七年の「長寿番付」を発表しました。
それによると、全国の百歳以上のお年寄りは
九月末時点で前年比約二千六百人増の二万五千六百六人で、
三十五年連続で過去最多を記録したそうなのです。
長寿者の多数を占める女性は二万千八百二十人にのぼり、
初めて二万人の大台を突破、男性は三千七百八十六人でした。

 都道府県別の人口十万人当たりに百歳以上の高齢者が占める比率は、沖縄県が五一・四三人で、昭和四十八年から連続トップ。
表で上位都道府県と下位都道府県が載っていたのですが
やっぱりと言うか、関東近辺は下位にランキングされてましたね。
どちらかと言うと西日本が長寿率が高いのです!

百歳以上の高齢者は医療の進歩などで増え続けており、
昭和五十六年には約一千人だったのが、
平成十年には一万人、十五年には二万人を突破。
平均寿命も女性の場合で昭和三十八年の七二・三四歳から
平成十六年には八五・五九歳へと延びたそうです。

 「五十年後の平均寿命は九十歳、百年後は百歳。
今世紀初頭に生まれた女児は、来世紀まで生きることになりそうだ」
と予測しているそうなのですが、
脳の寿命って100歳って聞いたことがあるのですけれども
体が生きてて、脳も段々と寿命が延びるような事になるのですかね?
その頃には50歳で初老なんて言われる事なんて
なくなりそうですね。
まだ平均寿命の半分しか生きてないのですから。
80歳位までバリバリ一人で何にでもできるような心身健康な
寿命の延び方をしてほしいなぁって
思いますね。
posted by 石渡ひろみ at 11:34| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

衆院の新勢力

たくさんビックリがありました今回の総選挙。
意外と言うか、どうなるかわからなかっただけに
自分自身日本を見直すような気持ちになりました。

やっぱり嬉しかったのは投票率が約67%!!
今の選挙制度が開始されてから一番の投票率。
有権者の方々がこれだけ関心をもって
そして、自民党に委ねたと言う結果となったのですから
今までよりもずっとずっと
国民の意見が反映され、そして期待を願いをこめているのだと
感じました。

私の偏見かもしれないですが、
韓国だったり、朝鮮だったり、の国々に比べて
日本は日本に興味が薄いように思っていたんです。
でも、皆が私も含め何かを変えてほしいと言う
思いが増えてきているように思えたのです。
「誰が首相になっても変わらない」と言う
考えから、受け止め方が何か変わってきていると
政治に関心を持ってくれることがすごく嬉しい。

小泉政権・・・これだけの獲得票を得たわけなのですから
その1票1票の想いを大切に見守っていきたいと思います。
ただ、日本国民は小泉政権を支持したと言う事に
なったので、もし期待と違うもの違うことが
起きたとしても、連帯責任といっては言い過ぎかもしれないですが、
非難をするのは違うと思うのです。

私は信じます。
日本の皆さんが選んだ新しい衆議院。
posted by 石渡ひろみ at 11:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

衆議院選挙

只今、6:00です!
あと1時間後に選挙の投票が始まります!!
小泉政権の継続か後退かが焦点と
されている今回の選挙。
私は投票率もとても気になるところです。
それが今回の選挙に対して国民が
どれだけ関心を抱いたか
一番わかりやすい数字だと思います。
中には期日前投票にも参加が難しく
投開票日に行きたくても行けない方など
いるとは思いますが、
それはそこまで投票率の動きには
影響させないのではないのかな?と
思ってます。
期日前投票は近年採用されたものですが
毎回その日に投票ができずにいる人というのは
いるものですから。

私もなぜか一家皆で投票に行ってきます!
posted by 石渡ひろみ at 06:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ベネチア国際映画祭

近頃は心が痛むニュースが飛び交っていますが
今日は素敵なニュースを
皆さんと分かち合えたら・・・と思い
こちらを選びました。

イタリアで開催中の
第62回ベネチア国際映画祭は9日、
アニメ映画「ハウルの動く城」「となりのトトロ」など
数多くの優れた作品を生み出した業績をたたえ、
日本の宮崎駿監督に「栄誉金獅子賞」を授与しました。
 同賞はこれまで、フェデリコ・フェリーニ監督や 
クリント・イーストウッド監督ら、
映画界に貢献した著名な映画人に贈られていきたもの。

私、宮崎監督のこのコメントにアニメに対する
愛と想いを感じました↓
 
 『アニメという、
映画の銀河の端っこに光を当ててもらって感謝しています。
コンピューターの出現でアニメは曲がり角に来ていると言われるが、
私たちの道は揺るがない。
これからも、白い紙に向かっていきたい』


信念を感じます。強い強い。
私にとっても彼の存在は大きいです。
厳密に言えば彼の中から作り出された作品たち。
何度見ても飽きない、
そして私にとってのとっておきの作品があります。
勇気をくれたり、励ましてくれたり、
夢を与えてくれたり、、、
皆さんもそんな作品があるのではないでしょうか?

監督のこの度の受賞本当におめでとうございます!
posted by 石渡ひろみ at 12:59| 東京 ☁| COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。