2005年10月23日

新潟県中越地震から一年

新潟県中越地震が起きてから、
23日で1年になります。
被災地では雪が消えた春以降に復興が本格化しましたが、
仮設住宅ではなお9100人以上が暮らし、
旧山古志村などの計約400世帯には避難指示・勧告が出たままなのだそうです。


 地震は中山間地に大きな被害をもたらし、
死者51人、
負傷者4795人、
住宅の被害約12万9000世帯に及んだほか、
上越新幹線が営業運転中の新幹線としては史上初めて脱線したのです。
仮設住宅は9市町村に広がり、
自宅の自力再建を断念したり、
見通しが立たなかったりしている被災者が計1000世帯近くも未だあるようです。

私も去年の11月、
思いのままに行った新潟。

土砂崩れとなった
山の景色と
道路が簡単に姿を変えて
崩れ落ちていた光景が
一年経った今でも
あの時以来新潟に行く機会がなかったけれども
鮮明に思い浮かび上がります。
本当に言葉を失いました。

けれど、子供たちと
遊んでいた時のあの笑顔もまた忘れられない。
淡々と当時の事を話す子供たち。
「家が壊れちゃったんだよ。」
「おねぇちゃんが怪我しちゃってね。」
って。
強いなって思った。
凄い怖かったと思うのに
無邪気に遊ぶ子供たちに
励まされたこと。
「また遊ぼう!!」って
元気な姿。

あの子達も
皆、誕生日を迎え
1つ大きくなった。
今あの子達は一体どのように過ごしているのでしょう。
わからないけれど、
でも今も笑顔を絶やさず
元気でいることを私は確信してます。
私が出会った子達は本当に強い子達ばかりだった。

未だ、あの数日間の新潟の滞在を
私はボランティアをしてきたとは
言えないです。
地震が起きて2・3週間ほど経った
あの時でさえ余震がありました。
朝夕はすごく冷え込み
昼間は照りつける日差しの中で
私は学ぶ事ばかりで
励ますとか支えたとか
そう言ったものとは程遠い。

でも、行って良かったとは思ってます。
思いのままに行ってきたけれども
その思いに任せて
行ってきて良かったと思ってはいます。
posted by 石渡ひろみ at 07:33| 東京 🌁| Comment(45) | TrackBack(6) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。