2005年10月02日

バリ島同時爆発テロ

インドネシア・バリ島南部の
クタ地区とジンバラン地区で1日、
複数回の爆発がほぼ同時に発生し、
AFP通信によると、
少なくとも23人が死亡、
50人以上が負傷したと伝えられています。
外国人観光客も多数、
含まれている模様。

政情不安を狙った
イスラム過激派による犯行の可能性が高い
とは言われていますが
未だ確信的な証拠はないようで。
けが人の中にも、
日本人が少なくとも3人含まれているというのです。
目撃者の話として伝えたところでは、
爆発は1日午後7時半ごろ、
外国人観光客らに人気のジンバラン地区の
ビーチにある飲食店と、クタ地区の飲食店で、
ほぼ同時に発生したとのこと。
クタ地区の飲食店は、
爆発の影響で大きく損壊したという。
ロイター通信は爆発の回数は最大4回、と報じ
地元ラジオによると、
そのうちジンバラン地区では2発が爆発した以外に、
4発の爆弾が見つかりました。
 インドネシア政府の反テロ対策担当者は
「テロリストの犯行だ」と語り
また、ユドヨノ大統領は
「テロリストが犯行を計画している
との情報を得ていた」と発言。
 
 バリ島はインドネシア・ジャワ島の
東約1・6キロで、
日本や欧米などから多くの観光客が訪れる。
このため、イスラム過激派による
米国やその同盟国を狙ったテロ再発の可能性が
指摘されてきているようです。

ニュースで映像も見ましたが
不安がよぎる姿でした。
もくもくと上りたてる煙と
寂しくなる消防車のサイレンの音。
人々のパニック状態の声や姿。
テロはなくならないものなのでしょうか?
こういったニュースを聞く度に
コレが最後の悪夢のはず・・・
と言うよりもまた更なる悲劇が
起こるのではないかという
不安の方が多く残ってしまうのです。
posted by 石渡ひろみ at 06:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。